基本数列の和と一般項 故わざわざ一般項求めて0大きいいう

基本数列の和と一般項 故わざわざ一般項求めて0大きいいう。1/2n{2a+n。(2)の問題 初項70公差 4わかっていて 初項第項の和最大なるかいう問題なの、1/2n{2a+(n 1)d}>0nの値求めるいう方法でダメなのでょうか 故わざわざ一般項求めて0大きいいうこ計算するのか 数学 等差数列回帰と相関,知っているようで知らない,その本質:Excel。ここでの計算は,一般的に最小二乗法 と呼ばれている
,通常最小二乗法 である。わざわざ「通常」と
呼ばれるからには,通常でない最小二乗法もあることを念頭において欲しい。
グラフの近似曲線の追加 → オプション → 線形近似→ オプション→ 「グラフに
数式を表示する」と「乗値をさらに厳密に,相関係数 無相関の検定と
,回帰直線の傾き回帰係数 の検定が,同等のものであること

基本数列の和と一般項。数列の和から一般項を求める; 初項を分けて考える必要はあるのか; おわりに
広告 ※ お知らせ。東北大学年度この差は。第 項。つまり。
です。このことを利用すれば。一般項が求められるんですね。

1/2n{2a+n-1d}0のとき和が最大にはなりません。この式は第何項までの和が正なのかを調べているだけです。今回公差が負なので、一般項を足していくとそのうち負になるのでそこから和はどんどん小さくなります。なので一般項が正なのは第何項までなのかを調べて、そこまでの和が最大になります。質問者さんの式だと和が0より大ということで和が最大とは意味が違ってしまいますね。等差数列の和では公差がマイナスの場合項の値がマイナスになると和が減ってしまうからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です