学位論文要旨詳細 3つニトロ化される位置黒丸示されて決ま

学位論文要旨詳細 3つニトロ化される位置黒丸示されて決ま。決まったものというよりも、分子の対称性からその組み合わせしかないというだけです。高校化学、有機の問題 3つ、ニトロ化される位置(黒丸)示されて、決まったのか なぜこうなっているのかわかりません 学位論文要旨詳細。本研究では。およびによる芳香族ニトロ化反応機構を解明し。近年
芳香族ニトロ化反応に関して提起されている問題をまた。反応速度は基質の
置換位置の電荷に依存していることが示唆される。トルエンのニトロ化反応
において。その生成物分布は求電子置換反応を示したが。反応温度℃以上
において。特異的な生成物分布を示した-。以上の結果から。トルエン
の場合と同様にの芳香環への求電子反応を初期段階とする反応機構の可能性
が示唆される。3つニトロ化される位置黒丸示されて決まったのかの画像をすべて見る。

決まったものというよりも、分子の対称性からその組み合わせしかないというだけです。たとえば、左端の6時の位置でニトロ化されたものは、12時の位置でニトロ化されたものと同じであり、8時のものは10時のものと同じです。同様に、中央の6時のものは10時のものと同じです。こう言ったことは分子を方向を変えて考えれば納得できるはずです。分子はいつものその向きを向いているわけではありません。裏返したり、向きを変えることによって重ねることが可能であるなら同一物です。同一物が重複しないように書いたらそうなるということです。黒丸がついていない場所に置換しても、結局はどれかの黒丸と同じ構造になります。テレフタル酸が一番分かりやすいと思います。黒丸がついていないところにニトロ基を置換させてみてください。その化合物をひっくり返せば結局は黒丸の位置にニトロ基をもっていくことができます。また、話はすこしずれますが、置換する際に配向性というものが生じるため、オルトパラ配向性やメタ配向性ニトロ基が置換する場所が決まっているというのはあながち間違いでもありません。また、立体障害のことも考慮する必要があります。その問題ではニトロ基が置換される可能性0.1%でもあれば黒丸を書いていますが、実際には反応が進行しにくい黒丸もあります。例えばイソフタル酸の場合、COOHに囲まれた黒丸は立体障害の観点から非常に置換されにくいと考えられます。また、COOHはEWG電子求引基なので、メタ配向性です。COOHの間の炭素の位置は二つのEGWのパラ位にあたるので、さおさら置換はされにくいと考えられます。とはいえ、この問題ではそこまで考慮する必要はなく、単純に何パターンのニトロ化が起こせるか、という問題のようです。色々な位置にニトロ化させて、紙をクルクル回せば分かってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です