日本人および日本の誕生 日本書紀で百済新羅高句麗三韓てい

日本人および日本の誕生 日本書紀で百済新羅高句麗三韓てい。歴史と事実で分けて考えるべきかと。神功皇后行った三韓征伐ある三韓百済、新羅、高句麗か 馬韓、弁韓、辰韓か 日本書紀で百済、新羅、高句麗三韓ているよう、当時の日本高句麗遠征行い、平定できたか微妙思えます 『日本書紀』の「歴史」と朝鮮。2「内官家」としての「三韓」百済?新羅?任那???????? 頁
第二章「任那」と「古代日朝関係史を論ずる際に。日本のテキストでは『
古事記』『日本書紀』が。韓国の テキストでは好太朝貢説という題目をつけ
て。まるで高句麗までそのような日朝関係に組み込まれているよう な叙述をして
いる日本人および日本の誕生。もとより。筆者ごときにこんな大問題を論じ切れるわけがないことはよくわかっ
ています。この歴代帝の間に。「国法=律令」「都城=藤原京?平城京」「神
統?王統譜?国史=古事記?日本書紀以下「紀記」」が整えられ。国号「
日本」朝鮮半島では三韓というように。それがやがて地域ごとの国家連合と
なる。当時。高句麗の影響下にあった新羅も。百済と加羅を攻めた。四世紀
。中国北朝から高句麗に。また南朝からは百済に仏教が伝えられている倭人
ルートだ!

世界史。政井マヤさん。野呂汰雅たいがさんと一緒に。世界史のおもしろさを探って
いきます。 お話をうかがうのは。東京大学佐川先生 「『日本書紀』といって
。奈良時代の初めに。日本で書かれた歴史書なんです。 例えば。ここには遣隋使

歴史と事実で分けて考えるべきかと。事実でいうなら、広開土王の碑がある。場所は今でいえば中国。なので実際にそこまで行ったかは別にして、かなり大規模な争いはあったんじゃないかな。歴史でいうなら、神功皇后については実在の人物とは思えない。モデルはいたかもしれない。でも記紀の出来事をすべて成した人間がいるとは思えない。なので歴史としては、書いてあることをそのまま受け止めるべきでは?事実は日本側の遠征はあったんじゃないかと、個人的には思います。馬韓、弁韓、辰韓どころじゃなく、もっと奥深くまで。で行くとこまで行って、最後に広開土王に負けたんでそこで遠征をやめたんでしょう。征服?占領する気はなかったんでしょうね。ある程度略奪してそれで満足って程度だったのだろうと。その事実と国内事情を考慮して、歴史を作った...という経緯ではないかと。そもそも神功皇后伝説が創作に過ぎませんからね。神功皇后は天日矛の子孫で、新羅王位継承権を持つ王族です。古事記では新羅に行って、軍勢を率いて帰ってきています。広開土王碑にも載ってるし、伽耶任那あたりも極めて倭国色が強い遺物がでる。また日本書紀の伝承にしても神功皇后や応神天皇あたりからずいぶんと王統の色が変わっているように感じるが、そこを境に空前の規模で古墳が造営されだし、大幅に財力を伸ばしたようにも見える。史実と言い切るには証拠が足りないが、あながち空想でもないと思う。高句麗の広開土王碑には倭が攻撃して来たが退けたと有ります。また倭が百済?新羅を従えたと有ります。新羅本紀にも日本書紀と似た戦闘記録や人質の話有ります。攻められたら方の記録なので信憑性高いと思われます。神宮皇后かどうかは分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です