韓国徴用工訴訟 徴用工問題や慰安婦問題最近裁判所日本不利

韓国徴用工訴訟 徴用工問題や慰安婦問題最近裁判所日本不利。韓国の原告が訴えたのは慰謝料です。徴用工問題や慰安婦問題最近裁判所日本不利な判決てそそ請求権云々の前対する請求権か 原告訴えてるか 徴用のかた 働いている期間の待遇かほかなのか、元慰謝料かか請求てるのか 前者だたら住金か三菱重工わざわざ人さらいでたの 他の日本人従業員比べあさまな差別あったか、朝鮮人だけ未払い賃金あるかなのか 鮮人訴えて韓国の司法で日本負けたのかよくわないので誰か 韓国慰安婦問題。ソウル共同旧日本軍の韓国人元従軍慰安婦。李容洙さん92らが16日
。ソウルで記者会見した。慰安婦問題を国際司法裁判所ICJに付託し。
国際反日韓国という幻想:日韓の新たな火種に。年月。韓国の大法院が元徴用工らへの損害賠償を新日鉄住金現日本製鉄
に命じた「徴用工判決」はその後の日韓その「新たな火種」とは。元慰安婦
らが日本政府を相手取って起こした2件の損害賠償請求訴訟のことである。
その通り適用されれば。韓国の裁判所は日本国に対する裁判管轄権を持たない
から訴えは却下されることになる。これは。徴用工問題は請求権協定で解決
済みという日韓両政府の従来の判断を覆すもので。韓国政府はその後。

日米首脳電話会談。会談は日午前時分から約分間行われ。両首脳は。旧日本軍慰安婦や元
徴用工をめぐる韓国の裁判所の判決日本政府は。請求権については年の韓
日請求権協定によってすべて解決していて。旧日本軍慰安婦問題また。慰安婦
被害者や元徴用工への賠償を命じた韓国の裁判所の判決は国際法違反であり。
韓国政府が問題の解決策を示さなければならないとしています。韓国徴用工訴訟。韓国徴用工訴訟で河野外相。敗訴は「毛頭思っていない」「請求権の話は終わっ
た話だ」 河野太郎外相元徴用工裁判 韓国最高裁で 「元徴用工」勝訴濃厚
日本企業に “慰謝料2兆円” 請求自分はすごく韓国よりの判決が出て日本がぶち
切れるか。まあ。慰安婦問題は河野談話+アジア基金で終わってたんだよね

「慰安婦訴訟」で日本に賠償命令でも「文在寅。今月日。人の元慰安婦らが日本政府を提訴した賠償請求訴訟で。ソウル中央
地裁が人当たり億ウォン約万円の支払いを命じる判決を下した。
この判決で思い起こすのは。元徴用工やその遺族らが起こした賠償請求だろう。
年の日韓請求権協定を無視同 つまり。協定を結ぼうが。カネを支払
おうが。慰安婦問題は終わらないと。裁判所がお墨付きを与えたのだ。韓国の慰安婦判決。元徴用工問題などで悪化した日本と韓国の関係を。いっそう冷え込ませる事態で
ある。 日本政府は。国家には他国の裁判権が及ばないとする国際法上の「主権
免除」の原則があるとして。この訴訟に関与してこなかった。だが判決は。慰安
婦日韓間の個人の請求権問題を巡っては。1965年の日韓請求権協定で「
完全かつ最終的に解決した」との合意がある。しかし。元徴用工訴訟

慰安婦賠償判決。ソウル中央地裁が日。旧日本軍の元従軍慰安婦に対する賠償を日本政府に命じた
。日本は年の日韓請求権協定で解決済みとの立場だ。韓国の司法は元徴用工
問題で日本企業に賠償を命じている。対象が政府にも広がった元徴用工訴訟問題と日韓請求権協定。日本政府は「旧朝鮮半島出身労働者」と呼称が日本企業に対し損害賠償の
支払いを求めて韓国の裁判所に提起したいくつかの訴訟については。年月
日に大法院韓国の最高裁判所が被告新日鉄住金の上告を棄却し原告の
勝訴を

韓国の原告が訴えたのは慰謝料です。慰謝料は、不当な労働、拘束、監禁についてです。原因は、日韓請求権協定で日本が韓国に渡した5億ドルがどういう意味合いを持っているのかという点です。ちなみに、今回の原告たちは、募集に応募して来日したそうです。ただ、募集の際はいろいろとバラ色に書かれていたそうですが、実態は違った。まぁ今のブラック企業問題と大差変わらないですね。過酷な労働を強いたり、辞めさせないように監禁したり、そんなことをした企業へ慰謝料を請求したというわけです。下の記事では、以下のように書かれています。”しかし実態は「1日8時間の3交代制で働き、月に1、2回程度外出を許可され、月に2、3円程度の小遣いが支給されただけ」だった。賃金全額を支給すれば浪費するから、と本人の同意を得ないまま、彼ら名義の口座に賃金の大部分を一方的に入金し、その貯金通帳と印鑑を寄宿舎の舎監に保管させた。賃金は結局、最後まで支払われなかった。ほかの原告も当初の話とは全く違う苛酷な条件で働かされ、逃走しないよう厳しい監視下に置かれて、時に体罰を振るわれたと証言している。”ttps://toyokeizai.net/articles/-/247496?page=2これだけ聞くと、日本でもよくある至極まっとうな裁判です。しかしながら、1965年に結ばれた日韓請求権協定が話を複雑にしています。同協定第2条3項では、”~省略~締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。”上の条文を読むと、国も国民も、この協定を結んだ以前に発生した債権について、請求できないということが明記されています。となると、上の労働者たちは、未払い賃金や慰謝料を請求できないのでしょうか。実際、原告たちの訴えでは、未払い賃金について”は”求めていません。なぜなら、同協定で解決済みだからです。しかし、慰謝料請求権は残っていると主張しています。理由は、基本的人権に起因する賠償請求は、国家間での条約では無効にならないというものです。例日本人「死ね!」ボコォッ韓国人「グヘッ。いてぇな。慰謝料よこせ」日本政府「他愛ないケンカじゃないか。請求権はチャラにしてくれよ」韓国政府「しょうがねぇな」↑の場合、国家間で合意しても、殴られた人の請求権は生き続けるそうです。”本件のような重大な人権侵害に起因する被害者個人の損害賠償請求権について、国家 間の合意により被害者の同意なく一方的に消滅させることはできないという考え方を示 した例は国際的に他にもある例えば、イタリアのチビテッラ村におけるナチス?ドイツの住民虐殺事件に関するイタリア最高裁判所破棄院など。このように、重大な人権侵害に起因する個人の損害賠償請求権を国家が一方的に消滅させることはできないという考え方は、国際的には特異なものではなく、個人の人権侵害に対する効果的な救済を図ろうとしている国際人権法の進展に沿うものといえるのであり世界人権宣言 8 条参照、「国際法に照らしてあり得ない判断」であるということもできない。”ttp://maeda-akira.blogspot.com/2018/11/blog-post_6.htmlなので、請求権協定だけでは賠償請求権が消滅したことになりません。実際に加害者がお金を払って初めて消滅します。ここで、日韓請求権協定に基づいて払った3億ドルが問題になってきます。日韓請求権協定は、ご存知の通り約束だけではありません。日本政府はお金も払っています。金額は3億ドルです。もしも、これが不法行為をした企業の賠償支払いを肩代わりしているのであれば、大手を振って「終わった」と言えるでしょう。事実、協定締結当時、韓国政府は3億ドルを日本が韓国に払った賠償金だと国民に説明しました。きっと、そっちの方が国民へのウケがよかったのでしょう。しかしながら、日本政府の見解は違いました。日本政府は、3億ドルは韓国の独立祝い金だとしたのです。”事実、3億ドルの性格については椎名悦三郎外相は次のように答弁している。「請求権が経済協力という形に変わったというような考え方を持ち、したがって、 経済協力というのは純然たる経済協力でなくて、 これは賠償の意味を持っておるものだというように解釈する人があるのでありますが、法律上は、何らこの間に関係はございません。あくまで有償?無償5億ドルのこの経済協力は、経済協力でありまして、韓国の経済が繁栄するように、そういう気持ちを持って、また、新しい国の出発を祝うという点において、 この経済協力を認めたのでございます」第50回国会参議院本会議有名な「独立祝い金」答弁である。請求権についてもの参院予算委員会で、当時の柳井俊二外務省条約局長が、「個人の請求権そのものを国内法的な意味で消滅させたものではない」と明言している。”ttps://toyokeizai.net/articles/-/247496?page=3独立祝い金ということになると、賠償金とは一切関係なくなります。なぜこんな表現をしたのかというと、日本は韓国を植民地支配したことを不法だと考えていなかったからです。これは、日本国内の世論を反映してのことだと思われます。つまり、両国はそれぞれ国民のウケがよい解釈をしたわけです。このツケが巡り巡って今にやってきたわけです。こう書くと、「日本政府は結局、認識としては賠償金払ってないよね」となりますが、さらにややこしいことに、一概にそうとも言えないのです。” ▽ 第5次日韓会談一般請求権小委員会13次会議韓国:他国民を強制的に動員することによる被徴用者の精神的、肉体的苦痛に対する補償を要求する日本:徴用された時には日本人として徴用されたのであるから、日本人に支給したものと同じ援護を要求するということなのか?韓国:当時日本人として徴用されたというけれど、そのように考えない。 私たちは強制的に動員された。考え方を直すことを望む。日本:被害者個人に対し補償してほしいということか?韓国:私たちは国として請求する。 個人に対しては国内で措置する。日本:韓国人被害者に対しでもできるだけ措置しようと思う。韓国:補償は私たちの国内で措置する性質のことだと考える。日本:韓国が新しい基礎※他国民として強制動員されたとの立場で考えることは理解できるが、個人ベースではないということは理解することはできない。韓国:補償金においては日本人死亡者?けが人に対しても相当な補償をしているが、他国民を強制的に徴用して精神的?肉体的苦痛を与えたのに対して相当な補償をしなければならないのではないか。日本:日本の援護法を援用して個人ベースで支払えば確実だと考える。 日本側としては責任を感じていて、被害を受けた人に対し措置も出来ずに申し訳ないと考えている。”ttps://www.fnn.jp/posts/00391351HDK上を見る限り、日本政府には補償する意思はありました。日本政府の立場は、日韓併合は当時の国際法に照らして合法という立場なので、韓国という”国”に対して賠償したくはありませんでした。なので、当時の”国民”に対して支払うという個人ベースを求めていました。上のような議論がありつつ、紆余曲折の末の3億ドルになったわけです。なので、日本が出した3億ドルの意味合いに、賠償がまったく含まれていないというのは無理があります。つらつらと書きましたが、個人的な結論としては、国際司法裁判所に訴えるしかないと思います。ただ一つ言えることは、今回の原告たちは確実に被害者です。彼らは、韓国政府からすらも補償は受けていないのです。”韓国政府は、日韓国交正常化後、3億ドル分の無償支援現金ではなく日本からの物品と役務を使って経済発展を実現したあと、法律を整備して強制動員被害者の補償にも乗り出した。判決文によれば、それは十分なものではなかった。保障の対象は、当初死亡者に限定されていた。判決文は、「強制動員の負傷者を保護対象から除外する等、 道義的次元から見た時、 被害者補償が不十分であったと見る側面がある」と、韓国政府の努力不足を明確に指摘している。”ttps://toyokeizai.net/articles/-/247496?page=4今回の原告たちには、賠償を受ける権利はあると個人的には考えています。ただし、賠償する側が韓国政府なのか、日本企業なのかは、国際司法裁判所によって明らかにすべきだと考えます。朝鮮の慰安婦は朝鮮人ではなく、 からゆきさんと呼ばれる、天草地方のクリスチャンの 騙されたり誘拐された 女性たちです。そこにさらに原爆を落としてキリシタンを弾圧したわけです。日本の管理人、スーパーエリートは在日韓国人であり裁判官は創価や韓国人裁判官ばかりです。田布施システム 大室寅之助安倍祝電晋三調べて見てください補償以外の未払い賃金は朝鮮総連を介して日本政府は支払いしたが、その支払い代金を朝鮮総連と日本共産党がお互いの運用資金にしたため徴用工には渡りませんでした。現在の貨幣価値で数十億円にもなり、反日野党の味方のマスコミは報道しません。戦後補償は1965年日韓合意で韓国国家予算の2倍近く補償個人補償も含むして解決済です。原告らが訴えているのは、「雇われた日本企業で不当な扱いを受けた」ということです。細かい点はいくつかありますが、基本的には賃金の不払いですね。給料を強制的に口座に貯蓄させられたのに、後で通帳を渡して貰えなかった、という風なことを訴えています。そして、この事については日韓基本条約で解決済みです。当時の交渉記録に、「朝鮮人労働者への賃金不払い問題をどうするか」という議題が残っておりまして、日本政府が金を出すことで解決しています。ただ、そのお金、日本政府が「個人に直接渡す」と言ったのに、韓国政府が「いいから俺たちによこせ」と無理やり受け取り、ほとんどを国の発展の為に使っちゃったんですよね。だから、不払い賃金について補償されていない朝鮮人労働者が居るのは事実です。このように、基本的に日韓の間の過去の全ての問題は、日韓基本条約正確には日韓請求権協定で解決した事になっていました。実際、日本国内で起こされた朝鮮人労働者の訴訟は、「条約で解決したから、訴えても駄目」という理由で、朝鮮人労働者が敗訴しています。ところが、今回の韓国の大法院では、労働者が勝ち、日本企業が負けてしまいました。そのロジックは「日韓基本条約では、『日本の不当な植民地支配に対する補償』については言及していないから、これについての訴訟は有効」というものです。解説をすると、この条約で『日本の不当な植民地支配』に触れていないのは当然のことです。なぜなら、日本と韓国であまりにも立場が違い過ぎて、絶対に妥協が出来ないからです。韓国は「日本の朝鮮支配は違法かつ不当だった」という立場。一方の日本は「朝鮮併合は朝鮮国内の合意を経て合法的に進められた。その後の統治も国際法に違反するようなことは何もやっていない」という立場です。ここには妥協の余地すらありません。ただ、ここに拘っていたら何時までも話し合いが進みませんから、この点についてはお茶を濁して、はっきりとさせないまま条約を結びました。両国の暗黙の了解として「朝鮮統治or植民地支配については触れない」となったわけです。韓国の大法院の判決は、この「暗黙の了解」を悪用したものです。「あの時議論した話題は訴訟出来ない。けど『日本の不当な植民地支配で受けた精神的苦痛』については議論しなかったから、訴訟してもいいよ」と認めてしまったわけです。これの何が問題かと言うと、一度解決したはずの全ての過去の問題について、「不当な植民地支配で精神的苦痛を受けたから」という枕詞を付けるだけで、いくらでも訴訟することが可能になってしまったことです。日韓基本条約が無効化された、と日本が大騒ぎしているのはこれが理由です。あの条約で決めた「昔のことは請求出来ない」という決まりを、いくらでも自由に、無制限に、好きなように無視できる裏口を、韓国司法が力技でこじ開けてしまったことになります。従軍慰安婦と一緒。強制連行されて無理矢理働かされたって主張。徴用は戦争中とか人手不足の時に政府が国民に何らかの事をやらせる事。徴収とかは物品を集める事。朝鮮は殖民地支配されていたので日本人と同様に志願兵や労働に駆り出された。恐らく多くの朝鮮人は兵隊よりも労働の方を選んだでしょう。涙を堪えてお国のために!なんてのは日本人だけだと思いますよ。その背景の中で賃金や待遇、人種差別の嵐の中に晒されたとして訴えています。それを政府間で解決したはずで2005に韓国政府も解決の意を表して終焉を迎えたはずですが、個人請求権の消滅期限が過ぎていない事から裁判所は原告の主張を認めた。日本としては青天の霹靂。韓国は政府と司法が連動していないのか?今に始まった事じゃないけどねまたか、、、ウンザリだ、、、って話し。

  • ぴえんとは の意味は何ですか?
  • 2019年のベストアルバム 私はジャズが好きなのですがジ
  • 山本周五郎 股肱の臣と言いまうが胯肱とは書かないのですか
  • 新型コロナ スマホで新型コロナの確認は何のアプリですか
  • 外食での異物混入 お会計の時に髪の毛が混入してたと報告し
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です